ななくさがゆ


今年も、無病息災を祈って年長児ぱんだ組さんが、ななくさがゆを

つくってくれました。

管理栄養士友田先生に七草粥について、お話をしていただきました。

「せり、なずな、こぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」

この七草をおかゆにして1月7日に食べる、七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

「今年も、家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながら

ぱんだ組さんがお手伝いして作ってくれた、七草粥をおいしくいだだきました。